デュピュイトラン拘縮は自然に治らないらしいが、夫のは治りつつある

約1年以上前から、夫の右手のひら・薬指の下辺りに、硬いしこりのようなものができているのを知りました。しかも、数か月ごとに大きくなっている感じ…

ただ、夫いわく「特に痛みはない」とのこと。

が、少々気になったためネット検索。

すると、どうやらこの症状は「デュピュイトラン拘縮」と呼ばれる難病の初期症状のようで、高齢男性や糖尿病患者に多く見られるものらしい…

症状が進行すると、皮膚のひきつれや、指が伸ばしにくくなるなどの症状が起きるそうですが、そうはいっても難病なので原因不明で悪化しないための予防法もない…

症状が進行した画像をネットで見ながら恐ろしく感じつつも、当時仕事のことで一杯一杯だったのと、痛みがないことからそのまま放置していました…

それが先週、夫が何気なく「これ前より小さくなってるよねえ?」と右手のひらを見せてきたので見てみると、確かに、以前見たときよりも明らかにしこりが小さくなっていて、少し膨らんでるかな?レベルになっていました。

これは治りつつあると解釈していいのだろうか……?

が、ネット検索すると、デュピュイトラン拘縮は自然に治ることはないのだそうで……悪化した場合は手術療法しかないそう(薬物療法は、現在日本では薬品の供給がなくなったため行えなくなったらしい)。

ただどう見ても、数ヶ月前より明らかにしこりが小さくなっているので、日頃のあずきかぼちゃか、『安保徹のやさしい解体新書』の爪もみかその他何かしらに、デュピイトラン拘縮への効用があると予想。

そうはいっても波のある症状かもしれないので、今後はなるべく観察しようと思います。