ぺんぎんメモ

sponsored link

与えられた環境で精一杯生きると「病気になる・身体を壊す」

time 2017/03/01

社会人になってから周囲や社会からの評価を気にして仕事をすることに、多くの時間を費やしていました。

もちろん仕事は相手があってのことですから、求められたことを返すのは当然で付加価値を付けて返すように働くよう努めていました。

仕事関係で知り合う人の多くが猛烈に仕事をしており、1年365日休みなしで7年間働いている(!)人もいたので、自分はまだまだだななどと思いながら働き続けていました。上司も皆ものすごく働いていましたから、それが日本企業の常識なのだと思っていました。

でも、徐々にそんな働き方はおかしいのではないか?と思うようになりました。なぜなら多くの人が、家族と過ごす時間よりも会社で仕事に費やす時間の方が多かったからです。

仕事をしなければ生きていけない状況があるのは確かですが、だからといって家族との時間を犠牲にしてまで得たいものは何でしょう?自分の身体を壊してまでやるべきことは何でしょうか?

そうした生き方で得られるものが、自分が命よりも大切にしているものなら良いと思います。でもそうであったとしても、その生き方もただ1つの生き方にすぎないはず。

好きなことを仕事にしている場合は休みなしで働くことが苦にならないでしょうが、違和感を感じる環境で、残業当たり前の過酷な働き方をしていたら遅かれ早かれ心身ともに壊れてしまうでしょう。

啓発本や中国古書などには、与えられた環境で精一杯生きることが善しとされる思想があります。学校教育でもそう教えられますし、親からもそう言われて育つことも多そうです。

そうやって与えられた環境で生きていくことしか出来ない時代であれば、そうやって生きる他ないでしょう。

でも現代は自分が選んだ環境で生きていくことも可能な時代です。与えられた環境で精一杯生きるという考え方は支配層に都合のよい思想です。そんな環境では必ず犠牲になっている人々・層がいて、それが現代では大多数のサラリーマンだと思います。

極端な言い方ですが、「与えられた環境で精一杯頑張る」という考えは「社会の犠牲になったままでいる」ということです。庶民に正論を振りかざして甘い汁を吸っている人々や組織のために、人生を犠牲にしているのと同じだと思います。

日本は現在少子化・人口減少という流れとともに、自殺者や病人の増加が顕著です。これらが意味することは何なのかを考えてみると、現代の庶民の生き方に疑問が沸いてくるのではないでしょうか。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの自由気ままな30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link