ぺんぎんメモ

sponsored link

1人暮らしの食費節約はできることから習慣化するのがいいかも

time 2017/06/21

過去10年以上1人暮らしをしていましたが、学生・社会人時代ともにそこそこ節約して暮らしていました。

ただ忙しかったこともあり、食費の節約はあまり根詰めてやっていませんでした。けれど都心生活は付き合いも含めてそれなりに食費がかかるので、できるだけ自炊するよう心掛けていました。食費を節約するためにやっていたことは以下の4つです。

 

1、お弁当持参

日常生活が多忙でない限り、お弁当&水筒を持参しランチ代を節約していました。1日500円かけていたとしたら、単純計算で月20日で10000円、年間120,000円にもなります。材料費・光熱費を含めて半額にできれば、年間約60,000円も節約できます。

ご飯・おかずの用意、詰める手間、洗う手間、通勤荷物が増えるなどのマイナス面はありますが、食費節約には抜群の効果があります。あと、外食よりは健康に良いというメリットもあります。

2、水筒を持参

お弁当だけでなく、飲み物も持参。水筒やペットボトルに自宅で飲料を詰めて、重くても持って行っていました。飲み物代って結構かさむんです。1日100円の飲料を購入していたら、月20日で2,000円、年間24,000円もかかることになります。手間を考えても節約のために飲料持参はプラスだと思います。

3、ご飯を冷凍常備

また、いつでも自宅でご飯が食べられるように、冷凍庫にはご飯を常備していました。解凍時に電子レンジを使うことになるので今考えると体に良くないですが、ご飯があると自炊率がUPして節約効果大です。

4、時々は息抜き

そうはいっても、1人暮らしだと作るメニューも偏りがち。似たようなメニューばかりでは食欲も減退することもあります。なので、ときどきは好きな惣菜をスーパーで買ったり、外食したりしていました。

 

そんな食費節約の基本4つでしたが、節約して健康を損なっては意味がないので、野菜は意識的に摂るようにしていました。そのおかげか、多忙な割には体調を崩すことはほとんど無く健康的な生活を送っていました(若さもあったと思いますが)。

お弁当は、夏場は前夜におかずだけ詰めて冷凍庫に入れておき、朝ご飯を詰めるようにしていました。こうするとおかずが保冷材の役目を果たしてくれて便利です。

多忙な生活では節約がストレスになる可能性もあるので、無理せずできることから始めて習慣化していくのがポイントかもしれません。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らし。時々出稼ぎしながら移住・リタイアを目指して生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link