ぺんぎんメモ

sponsored link

子どもの頃、実家でよくやっていたこと

time 2017/10/02

実家を売却することになり、実家に住んでいた約10年間で自由な時間は何をして過ごしていたかな~と振り返ってみました。子ども時代、特に誰かと思い出を共有することがなかった私(笑)が思いついたのは、以下の4つ。

まず、お菓子作り。女の子ならよくすることかもしれませんね。祖母や母が持っていたお菓子の本を見ながら1人で色々と作っていた気がします。材料をけっこう無駄にした記憶がありますが、不思議と両親は寛容だったなぁ。

次に、庭いじり。庭には木や花がいくつか植えてあったのですが、1人で黙々と畑から庭へ土を運びレンガを並べて花壇を造り、そこにマリーゴールドやコスモス、グラジオラス、チューリップなど簡単に育つ花を植えていました。けっこう自由に色んな場所に種・球根をまいたのですが、祖父母も両親も寛容でした。

そして、音楽を聴くこと。「CDラジカセ」を買ってもらい、カセット、CD、ラジオを聴いていました。大音量で聴いていたので、よく家族から「うるさい」と叱られていましたw きっとそれだけストレスが溜まっていたのでしょう。ちなみに、最近CDラジカセって価値が上がっているみたいです。確かに、新たに生産する会社も少なそうですよね。

最後に、読書。知り合いにもらった『世界の童話』や宇宙の本、生物の本などをよく見ていた記憶があります。小説を読むほど成熟していなくて、少々道徳的な本や美しい挿絵や画像が付いた本が好きでした。

一方、たまに編み物などの手芸をしてたことがありますが、「途中で上手く作れなくなる→断念」を繰り返していて、作りかけのマフラーを祖母に丸投げしたりしていましたw ヒドい孫…

どうやら昔から胆力がなく飽きっぽい性格のようで、細々した作業が得意ではなかったようです…。

他にもピアノを弾いたりもしていましたが、防音設備のない我が家では近所迷惑になるので夜間は弾けず、昼間も祖父からうるさいと言われて徐々に弾かなくなっていきました。

そんな訳で、基本的に自宅で過ごすことが多かったのですが、人と接すると疲れるので1人でできることばかりしていました。たまには同級生と出掛けることもありましたが、毎回疲れて帰ってきていました(苦笑)

こんな風に実家で過ごしていた頃を思い出してみると、当時からあまり変わっていない自分に笑ってしまいます。たぶん、リタイア生活でも同じようなことをやって過ごす気がします(笑) でも、そのときもたぶん1人でしょうから、誰にも遠慮せずに自由な時間を謳歌することでしょうw

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。