ぺんぎんメモ

sponsored link

体の不調は薬に頼らず「身近な野菜や調味料」で治す

time 2016/12/11

現代は、多くの労働者が払う高額な社会保険料によって、高額な薬や医療が広く受けられる社会になりました。

しかし、薬の副作用などを知るにつれて、本当にそれが良いことなのか、より深刻な病を引き起こす原因となっているのではないかなど、現代医療に対する信用性が徐々に揺らいできています

私自身、体が丈夫なことと親の影響もあって、幼少期からほとんど薬を飲んだことがない子どもでしたが、大人になり薬に頼らざるを得ない状況で、薬によって助けられたことも事実で、薬が完全に悪いとはいえないとも思っています。

しかしながら最近、薬の有害性について多く知るところとなり、子ども頃のようにきちんとした食生活や生活習慣で治すことが大事なのではと思うようになりました。

有害な面としては例で挙げるならば、その薬が本当にその病気だけを治すものではない可能性がある、未来の病気のタネ(副作用)が薬の中に入っている危険性もある、身体が本来持っている抵抗力が弱まるなど数多くあります。

また、そのような有害な面のほかに、医療業界が、石油業界や軍需業界とともに異常に活発化している現状があり、より現代の薬が信用できなくなっていきました。

%e9%a3%9f%e3%81%ae%e6%9c%ac-2

そんな中、『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』(大森一慧著)という本を知りました。

この本には、身体が本来持っている自然治癒力を活用して不調を治す方法が紹介されており、自然治癒力を引き出す食事や手当が数多く掲載されています。

夫の糖尿病予備軍も現在、この本のレシピを参考に治療しています(「糖尿病の特効薬、あずきカボチャで糖尿病を治す」)。

薬では治らない慢性的な不調がある方は、この本のレシピを試してみると、驚くような効果が得られるかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。