ぺんぎんメモ

腸内環境改善にはリンゴが1番効く気がする

time 2018/02/15

数週間前から腸を壊して困っていたのですが、リンゴを食べたら即効性があったので記録しておきたいと思います。リンゴは酸っぱくてシャキシャキしているものは苦手で、見た目は緑ですが甘くてしんなりしている王林が好きです。

最近は風邪予防のために普段からみかんを食べていたのですが、腸の状態が良くなかったのでリンゴも1日に半個ほど食べるように。すると腸の不調が改善したので、以降継続して摂取しています。

生のまま食べたり、【砂糖不使用】りんごと水だけで美味しいリンゴ煮レーズンなしのアップルフィリングはアレンジにも最適 として摂取したり色々な形を試していますが、どんな形でも腸には良い影響を与えているようです。

リンゴにはビタミン以外にペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれていて、腸内で善玉菌を増やす働きをしてくれるので整腸作用が抜群とのこと。また、抗酸化作用もあるようなので疲労回復も望めるそうです。

とはいえ、リンゴは放射能汚染や残留農薬も心配な食材ですから産地選びも重要(最近は長野県産よりも青森県産を選択していますが、安全性は疑問)。

そんな訳で、リンゴの摂取はストレス耐性が低く腸内環境が乱れやすい私にとって、習慣として取り入れていく必要がありますが、その際には安全なものを選ぶことが欠かせないようです。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備している雑草ブログです。社会環境への言いたい放題、安全な食、倹約、旅など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]