右顎の下を押すと痛い、原因はリンパの腫れと筋肉のコリ?

数日前から、右顎の下にしこりのような違和感を覚え、そのしこりを押したところ激痛が走りました。

以前にも同じようなことがありましたが、そのときは知らないうちに、しこりも痛みも消えていました。

痛み始めた当日より徐々に痛みは治まってきているものの、いまだに押すと痛く、顎下に違和感があります。

ネットで調べたところ、原因として考えられるのは「リンパ腺の腫れ」とのこと。

首にはリンパ腺が集まったリンパ節がいくつもあり、リンパ腺に細菌が侵入して炎症を起こすとリンパ節が腫れるそうです。

さらに、顎の下にあるリンパ節は、風邪や歯の炎症(虫歯や親知らずの痛み)、ストレスなどが原因で腫れることが多い場所らしい。

ただ、この痛みは、しこりが大きくなる・発熱・倦怠感・体重減少・痛みが増す、という症状がなければ特に問題ないみたい。

また、他に考えられる原因としては「筋肉のコリ」があるとのこと。

肩や背中のコリはピンときますが、顎下の筋肉がこるって想像できません…

どうやらストレスや虫歯などが原因で、眠っている間に激しい歯ぎしりをしている場合は、顎の筋肉を酷使する状態が続くため、顎下の筋肉がこってしこりができることがあるのだそうです。

顎が疲れていたり、十分な睡眠時間をとっているのに疲れがとれない場合は、睡眠時の歯ぎしりを疑ってみる必要があります。

今のところ、上記2つとも可能性がありそうですが、あと数日して痛みがひかなければ病院へ行ってみようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
疲れていると〇〇
ぺんぎんメモ