ぺんぎんメモ

右顎の下を押すと痛い、原因はリンパの腫れと筋肉のコリ?

time 2017/06/13

数日前から、右顎の下にしこりのような違和感を覚え、そのしこりを押したところ激痛が走りました。

以前にも同じようなことがありましたが、そのときは知らないうちにしこりも痛みも消えていました。

痛み始めた当日より徐々に痛みは治まってきているものの、いまだに押すと痛く顎下に違和感があります。

ネットで調べたところ、原因として考えられるのは「リンパ腺の腫れ」とのこと。

首にはリンパ腺が集まったリンパ節がいくつもあり、リンパ腺に細菌が侵入して炎症を起こすと、リンパ節が腫れるそうです。

さらに、顎の下にあるリンパ節は、風邪や歯の炎症(虫歯や親知らずの痛み)、ストレスなどから腫れることが多い場所らしい。

ただこの痛みは、しこりが大きくなる・発熱・倦怠感・体重減少・痛みが増す、という症状がなければ特に問題ないそうです。

また、他に考えられる原因としては「筋肉のコリ」があるとのこと。

肩や背中のコリはピンときますが、顎下の筋肉がこるって想像ができません。

が、ストレスや虫歯などが原因で、眠っている間に激しい歯ぎしりをしている場合は、顎の筋肉を酷使する状態が続くために、顎下の筋肉がこってしこりができることがあるのだそうです。

顎が疲れていたり、十分な睡眠時間をとっているのに疲れがとれない場合は、睡眠時の歯ぎしりを疑ってみる必要があります。

今のところ、上記2つとも可能性がありそうですがw、あと数日して痛みがひかなければ病院へ行ってみようと思います。

down

コメントする




       



アーカイブ



プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・(セミ)リタイア生活に向けて準備しているブログです。社会環境への言いたい放題、旅、食事など実体験を踏まえてお届けします。基本的に自由で、科学的かどうかは重視していません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]