純ココアパウダーをパウンドケーキに使う際に注意すること

純ココアパウダーを使ったパウンドケーキを何度か焼いていくうちに、どうも仕上がりに差があることに気付きました。

何となく薄力粉やベーキングパウダーなどと一緒に最後に入れると、生地がパサついてしまう感じがしていたのです。

その予想は、今日のアメリカ・今日のパン ~アメリカ南部専業主婦日記~という方のブログで確信に変わりました。

それ以降、パウンドケーキに純ココアパウダーを使用する場合は、事前に少量のお湯で溶いて入れるようにしています。結果、安定して良い仕上がりになっています。

また、何度かお菓子作りに純ココアパウダーを使って感じたことですが、純ココアパウダーを使う場合に砂糖を控えると、味がぼやけて不味くなります…

というのも以前、純ココアパウダーとりんごのパウンドケーキを砂糖不使用で焼いたのですが、りんごの水分もあってか味がかなり薄まり、ショックな味になってしまいました…

以降、純ココアパウダーをパウンドケーキに使う際は、砂糖の量を控えすぎないようにも気を付けています。

これまでも砂糖を控えると、ケーキの膨らみが鈍くなったり、キメが粗くなったりする違いは感じていましたが、味がぼやけるのはショックでした。もちろん一緒に使用する具材にも影響されると思いますが…

ちなみに、これは同じような性質をもつ「抹茶パウダー」にも言えることだろうと思います。

素材自体に甘みがないため、砂糖をきちんと入れる乾燥したパウダーなので先にお湯などで溶いて使うなど、パウンドケーキやマフィンに使用する際は、注意が必要な素材だと認識しています。

ただ、カカオも抹茶(緑茶)も放射性物質を吸収しやすい素材のため、大量摂取は避けたほうがいいのかなという気もしています。どちらもとても美味しく、栄養価も高いんですけどね…