ぺんぎんメモ

sponsored link

「明治の重税」で庶民の生活は貧しくなった

time 2017/03/06

江戸時代庶民の暮らしは豊かだったが、明治以降徐々に貧しくなった」でも書きましたが、明治時代は江戸時代より庶民の暮らしが貧しかった時代です。

江戸時代は基本的に豊かで(藩によって多少違いはあったと思いますが)、明治時代も初期まではそこまで貧しくなかったといわれています。しかしながら、その豊かさは明治時代中期以降、軍事化が進むにつれて崩れ去っていきました。

そうなった原因は地租改正に伴う重税によるところが大きいのですが、軍事化するために列強諸国から軍艦や武器を大量購入するための資金が必要で、その資金は国家予算として国民から徴収した税金から成り立っていたために、明治政府は何としてでも増税しなければならなかったのです。

当時国民の多くのは農民であり、地租改正による重税によって生活は一気に貧しくなっていきました。そんな状況下で多くの農家は長男以外は食べていけませんから、奉公、出稼ぎ、兵士、身売りするなどして、家から出ていかざるを得ませんでした。北海道へ開拓へ行って人権無視の労働環境で酷使されたり、人身売買で海外へ売り飛ばされたりしたのもそうした人々が多かったようです。

そうして農作物の作り手が激減し徐々に社会から食べ物が減ると同時に、生活自体が苦しくなった庶民は食べ物を買うことさえままならなくなったと予想できます。

その結果、多くの庶民が空腹にあえぎ、少しの災害でも飢饉が起こりやすくなっていたのだと思います。実際、明治時代には6度もの飢饉が起きていますからね。

そんな中過酷な戦争が重なって、兵士として多くの庶民が亡くなりましたが日本政府は軍事化を止めず、庶民も巻き込んだ戦争へと発展し、それが1945年の終戦まで続いた訳です。

富国強兵ではなく貧国強兵、そして後に貧国弱兵となってしまいました。食べる物だけでなく物資が不足していたのですから当然です。

つまり、明治以降、軍事化に特化して地租改正で得た税金の多くを、明治政府が軍事力増強のためだけに使ったことが、庶民の生活を悲惨な状態にまで追い込んだといえます。

地租改正で得た税金を庶民の生活が潤うようにきちんと還元する、もしくは重税を課さずに軽税にしておけば、庶民の生活はまだマシだったでしょう。

明治以降の歴史を義務教育でほとんど教えませんが、それは現政府に都合の悪い歴史を含んでいるからに他なりません。

しかし、それら歴史の真実を学ばなければ、当時と同じような歴史を繰り返す可能性が高い。ただでさえ自然災害が多発する国なのですから、税金を軍事費に投入するのをやめ、庶民の生活をラクするために使って欲しいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link