ぺんぎんメモ

『江戸千代紙』と『思い出プリント大百科』から感じる庶民生活

time 2017/04/17

以前「「江戸東京博物館」で江戸時代の生活を垣間見る」で見た江戸千代紙がとても印象的だったので、『江戸千代紙』という本を買いました。

江戸千代紙とは華やかな色彩の模様を和紙に木版手摺したもので、古くは宮中で使われた短歌などを書く紙に模様が施されたのが始まりだそうです。それが、大名に伝わり庶民へと伝わっていった訳です。

江戸千代紙のモチーフには、伝統的な衣装の柄や花鳥風月を表したもの、歌舞伎といった風俗習慣などの江戸庶民の好みが反映されたものなどがあるそうです。

浮世絵の発達と同時に色彩豊かな千代紙が多く売られるようになったらしく、女の子は美しい千代紙を集めて人形を作っていたとのこと。また包み紙や菓子敷きなどにも使われていて、千代紙は江戸庶民の生活に深く浸透していたようです。

一方こちらは、生地・折り紙・包装紙など1955~1975年に暮らしの中にあったプリント柄を掲載した『思い出プリント大百科』という本で、著者・宇山あゆみ氏のプリントコレクションが、その当時の雑貨や小物とともに紹介されています。

幼少期に見かけた柄や雑誌でしか見たことがない柄が数多く掲載されていて、面白かったですね。お菓子の包み紙や百貨店包装紙など、その時代を反映した懐かしいものも結構ありました。

そんなプリント柄・前述した江戸千代紙とも、当時の庶民生活には寄り沿っていましたが、今は時代が変わって柄物よりもシンプルなのものが好まれています

今後未来において現代の柄を表すとしたら、どう表すんでしょうね……無地かな?

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]



アーカイブ