ぺんぎんメモ

sponsored link

『親には一人暮らしをさせなさい』を読んで自信と安心

time 2018/10/25

これまで、母親を今後も1人暮らしさせていいものか悩んでいました。が、この本を読んでその判断に自信?がもてました。

現状、シニア世代の住居形態は、子どもが独立後の広い一軒家を売って中古マンションへ住み替えるのが一般的のため、

  1. 健康であればその自宅で過ごす
  2. 財力に余裕があれば高級老人ホームに入居する
  3. 子ども夫婦と同居する
  4. 子どもが独立後も広い一軒家に住み続ける

のいずれかになっているようです。

個人的には以前、数か月間親と同居しただけで異常なストレスが溜まり同居は無理だと痛感したので、親には1人暮らしをして欲しいと思っています。

親子であっても10年以上離れて自活していれば、生活リズムや価値観の違いにより、色々な場面で意見がぶつかるのは当然。もちろん娘か息子かでも違いますが、特に娘は母親とはぶつかりやすい気がします。

そんなモヤモヤした悩みの打開策が『親には一人暮らしをさせなさい』に集約されていて、読んでいて少しずつ安心してきました。

また重くない程度に、介護が必要となる前・必要後の姿勢も書かれていて、今後の心構えとしてもプラスでした。

離れていれば心配になるけど、かといって同居するのはストレスなので、時々会えるくらいの距離に住むのが1番なのかもしれません。同居より近居という感じで。

親の老後生活を考える年齢になってきましたが、私には私の人生もあるので、親子であっても重くならない気楽な関係性を今後も保っていきたいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らし。時々出稼ぎしながら移住・リタイアを目指して生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link