ぺんぎんメモ

sponsored link

【無塩・無油】ミックスナッツ

time 2017/02/02

寒いと身体が体内のエネルギーを消費しお腹が空きやすくなりますが、かといって手作りのおやつだけではなく、たまには市販のお菓子も食べたくなるものです。

そんな時は、無塩のミックスナッツ(アーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツ)を食べるようにしています。

カロリーが高いことと、産地にアメリカやインド、オーストラリアなどの被爆国が多いことが心配なので、食べすぎは良くないと思いますが、少量であれば小腹を満たすのに最適です。

飽食の現代ではナッツで栄養補給をする必要はないかもしれませんが、アーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツには身体への負担も少なく、手軽に食べられる食品なので、出先で食べるのにも負担が少ない食品です。

  • アーモンド(ビタミンEが豊富なので、老化や動脈硬化予防に効果があります。また、ビタミンB1による疲労回復効果もあり、不飽和脂肪酸であるオレイン酸とリノール酸も含んでいるので、生活習慣病予防にも効果的です。)

 

  • クルミ(良質の脂質やたんぱく質を多く含み、老化予防、美肌、動脈硬化予防、疲労回復などに効果があります。1日1~2個食べると美肌に効果的だそうですが、それ以上は食べすぎは逆効果だそうです。)

 

  • カシューナッツ(亜鉛、鉄などのミネラルと、ビタミンB1を豊富に含んでいます。特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるため、骨粗しょう症予防に効果的です。また、鉄分も豊富なため貧血予防に、ビタミンB1も豊富に含むので疲労回復効果も期待できます。)

 

  • マカダミアナッツ(たんぱく質や抗酸化作用を持ったビタミン類、食物繊維、ミネラルなど有機物質を豊富に含んでいます。不飽和脂肪酸が非常に多く含まれており、老化予防に効果的です。パルミトレイン酸を豊富に含んでいるため、肌に潤いやハリを与え、シミやしわの予防にもなるともいわれます。また、ビタミンB1も豊富ですので、疲労回復にも効果的です。)

他にも、ピスタチオやピーナッツ、ヘーゼルナッツなど、ナッツは種類豊富にあります。ナッツは全体的に、疲労回復効果がある食品なので、普段エネルギー消費量が多い人は少量ずつ食べるのも良いかもしれません。

ただ、健康イメージのあるナッツにも危険なもの(農薬や漂白剤、防カビ剤などが含まれたもの)もありますから注意が必要です。ゆえに健康だからと大量に食べずに、カロリー面からも少量ずつ摂るのが無難かもしれません。



down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link