冷凍しておくと便利な食材で冷凍庫は常にパンパン

料理に十分な時間を割けない生活では、冷凍庫にいろいろな食材を保存しておくと便利です。

もちろん、料理に十分な時間を割ける環境でも、冷凍保存している食材があると助かります。

特に、調理済み食品は冷蔵庫で一晩かけて解凍すれば、冷凍前と変わらない美味しさを楽しめるので、冷凍可能なものは大量に作って冷凍保存することも多いです。

また、野菜、肉、魚、パンで冷凍できるものはまとめ買いして冷凍し、使う時も冷蔵解凍or自然解凍して使っています。

ちなみに、我が家の冷凍庫に入っているものは以下の通り。

  • ブロッコリーを茹でたもの
  • かぼちゃカット
  • ニラカット
  • さつまいもカット
  • レモン薄切り
  • ほうれん草カット
  • にんにく
  • しょうが
  • 油あげ
  • パン
  • ご飯
  • うどん
  • そば
  • お肉
  • お魚
  • 調理食品(きんぴらごぼう、カレー、メンチカツなど)
  • ギョーザの皮、春巻きの皮

調理済み食品を大量保存しておけば普段の食事にも役立ちますが、スペースに限界があるので程々の規模になっています。

料理好きだった母方の祖父は、調理済み食品を冷凍保存するために、大量のスペース確保に走っていたようで、自宅には業務用冷凍庫が通常冷蔵庫とは別にあったことを思い出しました。今更ながら納得。

日本のように高温多湿な地域だと、冷蔵保存よりも冷凍保存のほうが衛生的によく、実は理に適っているのかもしれません。

なかなかスペースが足りない冷凍庫ですが、上手く食材を回転させながら使用していきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
食良品
ぺんぎんメモ