コロナワクチンを接種したくないから退職を決めたのもある

職場で新型コロナウイルスの職域接種が始まって、はや1ヵ月。その間に数多くの同僚が、集団接種や個別医院でのワクチン接種を終えていきました。

ただ、かなりの割合で副反応が出ていて、連日いつも以上にバタバタしている職場…

どうやらワクチン接種をしないのは私だけのようで、もし退職を決断していなかったら圧力を受けていた可能性が高い…そしてその圧力に屈してワクチンを打っていたはず。

以前、仕事上仕方なくインフルエンザワクチンを打った際、「もうワクチンは絶対に打たない」と心に誓いました。

が、ワクチンを打って当然の職場・仕事内容だったら断り切れないはず…

ワクチンを打ったからといって、ウイルスに感染しないわけでもない、ウイルスを撒き散らさないわけでもない、感染した際に重症化しない保障もない、むしろ打った副反応で酷い結果になるかもしれない…

でも所属する組織によっては、ワクチンの効果がどうであれ、打って当然の流れになっています…

先月退職を決めましたが、ワクチン接種も少なからずその決断を後押しするものでした。

日本よりは人権意識があると思っていたヨーロッパ諸国を含めた30か国以上でも、ワクチン接種の義務化や、ワクチンパスポートの実施が推進されているのを見ると、いくら被害が酷いとはいえギョッとしてしまいます。

でも書いたように、実際ワクチンの中身は謎。にもかかわらず、

効果不明・安全性不確かな物質を〈打ちたい人は打つ、打ちたくない人は打たない

という当たり前の権利さえ剥奪されてしまう世の中の流れには、恐ろしさを感じています。ちなみに、夫は1ヵ月前に打ちました。