【砂糖不使用・牛乳・バターなし】余ったさつまいもで簡単スイーツ!さつまいもとバナナのマフィン

先日上記のマフィンを焼いたのですが、その際にさつまいもが余ったため、冷蔵庫に余っていたバナナと合わせて、砂糖不使用のマフィンを焼きました!

【7cmマフィン×6個分材料】

  • 太白胡麻油 60g
  • 卵     1個
  • バナナ   2本(正味約200g)
  • さつまいも 150g(角切り)
  • 薄力粉   100g
  • ベーキングパウダー 小さじ2/3

さつまいもとバナナの甘さによっては、砂糖を入れて焼いたり、食べる際に生クリームを添えたりしたほうがいい場合もあるかもしれません。

が、今回はどちらにも十分な甘みがあったので、砂糖不使用でも美味しいマフィンが焼けました♪

さつまいもとクリームチーズのマフィン同様、さつまいもはよく洗って皮付のまま使用。1cmくらいの角切りにして水にさらしておきました。さつまいもは、生のまま使用しても美味しいマフィンが焼けます♪

材料を上から順番に混ぜて、バナナまで混ぜたところ。最近焼き菓子に使うバナナは、手で潰しながら入れて、泡立て器でさらに潰しながら混ぜています。

こうすると、包丁・まな板を使わずに済むので気に入っています。

バナナを混ぜたら、水にさらしておいたさつまいもの水気を切って加えます。

材料を全部混ぜたらこんな感じ。粉類を入れた後はさっくりと混ぜ、混ぜすぎに注意します。

型へ入れたら、180℃のオーブン(下段)で30分焼きます。

今回はさつまいもを入れ過ぎたため、1つ分多くできてしまいました…さつまいもは150g使用しましたが、100g使用で良さそう。

焼けたら型から外して、冷めたら完成!

ホクホクさつまいもとバナナがよく合う美味しいマフィンが焼けました!食材自体が甘いものを使うと、砂糖を使わなくても美味しいマフィンが焼けます♪

しかも、さつまいもには生命力や気力を養う作用があり、ストレスによる食欲不振にも効果があるそうです。

また、バナナにはカリウムが豊富に含まれているので、筋肉のけいれんを防いだり、高血圧の予防にも効果があるらしい。さらに、腸を潤して便秘を防いだり、体の熱を冷まして喉の渇きを抑える働きもあるとのこと。

しかもそれだけでなく、体に吸収される時間が異なるいろいろな糖質が含まれているため、エネルギー補給が持続するんだそうです。

ただ、「ほうれん草・トマト・バナナ・ビタミンC」を摂りすぎないでも書いたように、バナナにはシュウ酸が含まれるため食べすぎには注意。

砂糖の代わりに摂取する感じで、今後も適度に食べようと思います!