ぺんぎんメモ

sponsored link

「電車モハ車両」の電磁波

time 2016/12/12

電車に乗ることがほとんどない生活を送るようになってから、長時間電車に乗ると酷く気分が悪く感じるようになりました。

以前は、通勤で少なくとも往復1時間は電車に乗っていたので、それが当たり前だと思っていましたが、当たり前ではなかったのだと身をもって感じます。

気分が悪くなった時に、車両の壁を見るようにしているのですが、その時壁には必ずモハの文字があります。

 

モハ車両は危険

一般的な電車の車両には、

  • モハ →モーター付き中間電動車両の普通車
  • クハ →運転台付き車両(制御車両であり基本的に先頭車)の普通車
  • サハ →運転台&モーターもない引っ張られる車両の普通車
  • キハ →運転台&エンジン付き車両気動車両の普通車

等の種類があり、それぞれ車両外面と内面にカタカナと数字の記載があります。

先ほど、気分が悪くなったと話したモハは、モーター付き中間電動車両の普通車です。

予測の範囲ですが、そのモーターから発せられる電磁波が気分が悪くなる原因だと思っています。

 

モーターから出る電磁波

なぜ電磁波が気分が悪くなる原因だと思うかといえば、大型家電量販店に行くと同じような感覚を覚えるからです。

多くの電化製品を扱っている家電量販店では、おそらく店内に強力な電磁波が漂っていると思われます。

電車の電磁波も、他の多くの家電製品と同じように危険だということです。

「そんな事を気にしていては生活出来ない」という言う方や、「それならスマホやパソコン、電子レンジの電磁波も避ける暮らしているんですよね?」と言う方がいます。

 

全ての危険を避けられなくても

しかし、少しでも避けようとすることは当然なことであり、それには意味があります。どんな危険も100%防ぐことは不可能なのですから、少しでも危険性を下げる選択をしたいと思うのは当然です。

例え、危険性がほとんど変わらないことでも、自分の身体を少しでも安全に保ちたいという意識を継続させることは、結果的に他の面で自分の身体を守ることに繋がると思います。

とはいえ電車だけでなく飛行機や新幹線、家電製品など現代には電磁波を発するものが溢れています。現代において享受できる便利さにはそうした高いリスクが伴っている訳です。

そうした現環境はなかなか変えることは出来ませんが、それでも安全に保とうとする意志が大切だと思っています(「「オーブンレンジの電磁波」の危険性」。)

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。