生地から作るアップルパイがビックリするほど簡単美味しい

昨年買った青森県産有機JASりんごを使い切ってしまったので、先日スーパーで青森県産りんごを購入してアップルパイを焼きました。前回パイ生地はベラミーズパイシートを使いましたが、今回はパイ生地から作りました!

パイ生地レシピは、若山曜子先生の『溶かしバターと水で作れる魔法のパイレシピ』に掲載されているもの。このパイ生地レシピがビックリするほど簡単で美味しかった!食感もサクサクでした!

ただ今回のアップルパイは、有機JASりんごで作った時ほどの美味しさを感じなかったので、美味しさはりんご次第なところがある模様。カット時は蜜たっぷりで美味しそうだったのにね。

あと、りんご・砂糖・バターをしっかり煮詰めても、りんごのカットの仕方が大きい分、最後オーブンで焼いている時に水分が出てしまいカット時に一苦労… そのため、次回以降はりんごを小さくカットして煮詰める際に水分を出し切る必要があるかも。

次はパイ生地作り。最初に薄力粉、強力粉、砂糖、塩、BPを混ぜます。冷蔵庫に残っていた強力粉を消費できてラッキー!

溶かしバターを加えてさらにグルグル混ぜます。

水を加えてひとまとめに。すぐにまとまってビックリ!

ラップとラップの間に生地を挟んで、タルト型の大きさまで綿棒で伸ばします。ラップ以外にクッキングシートでも良さそう。

伸ばしたら型にかぶせて、型にしっかり押し付けます。細かいところまで丁寧に押し付けるとキレイに焼けます。

その後、フォークで生地表面に穴を空けます。

そこへ先ほど煮詰めたりんごを並べていきます。型に押し付けた時に余った生地があったので、別途小さなアップルパイも作りました。

オーブンで焼いたら完成。焼き上がり後、一晩置いてパイ全体を落ち着かせるとさらに美味しさUP!

生クリーム好きなので毎回添えていますが、無くても文句なしに美味しい!今回パイ生地が簡単に美味しく作れることが分かったので、また違ったパイにもチャレンジしたいです!強力粉消費にもなるし一石二鳥かも(笑)