ぺんぎんメモ

sponsored link

1人暮らし時代から12年間使っている「炊飯器」の丈夫さ

time 2017/03/31

今は無きブランド「National」の炊飯器は、1人暮らしを始めた当初から現在までずっと使っている品です。

「まとめて炊いて冷凍した方が電気代がかからずお得」と聞いて、購入当時1人暮らしにも関わらず、5.5合炊きを買いました。

結果非常に助かったのですが、やはり解凍に際して電子レンジを使う事になったので、体に対する影響は良くなかったかなと思っている所です。

ところでこの炊飯器、引っ越しを繰り返している割にはかなり丈夫で、2004年製造のものですが、今でも買った当時と同じ機能を保っています。

以前、内釜の上端がはがれてきているので買い換えようか悩んだのですが、身体に影響はないと知ったので電子表示が壊れるまでは使い続けることにしました。

買い替えた方が電気代が安く済むとか、ご飯が美味しく炊けるとか色々と所意見はあるのですが、この炊飯器には余計な機能が付いておらずシンプルで、しかも軽い!

昨今家電量販店で見かける、多機能で分厚くて重い釜にはどうも魅力を感じません。きっとそれら素晴らしい炊飯器で炊けばご飯がすごく美味しいのでしょうが、今は無きブランド「National」への愛着からか買い替えが進まない心境です…。

我が家にはこれまた今は無きブランド「SANYO」のアイロンがあり、これも10年以上使っているため、12年選手の炊飯器を捨てる気はまだ起こりません。

家電って昔に製造されたものの方が丈夫だという変な感覚があるのですが、きっと最近製造されたものの方が省エネなんでしょうね。

使える家電を捨てればゴミになりますが、電気代は下がり省エネになり一旦は経済が回る。「もったいない」とそのまま使い続ければゴミにはなりませんが、電気代は上がり省エネではなく経済は回らない。

価値観の違いだけで、別にどちらでも良い気がしますが当分はこれを使い続けようと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。