ぺんぎんメモ

sponsored link

山口敬之の犯罪―大学教授のいかがわしい話

time 2017/05/31

山口敬之という元TBS記者による今回の犯罪。

警視庁や内閣などの人脈を使って犯罪をもみ消す手口には、黒い政治家たちと同じ臭いを感じました。

今回の事件で思い出したのが、都内の某大学に通っていた頃のことです。

ある1人の有名教授は、毎年自分の研究室に入ってくる好みの女子学生に対して、いかがわしい行為を迫っていたんです。

過去にも警察に被害届を出した女子学生が数人いたようですが、その教授の病気は変わらなかったようで、以後も被害女子学生が増え続け、その当時で計十数人に上っていました。

そんな事件を知る前に、その教授から「研究室に入らないか?」と声をかけられていたので、事件を知ってからゲス男!と思ったものです。

その教授の専門分野に興味が沸かなかったこともあり断りましたが、能力ではなく女として学生を見ていることに???と感じたものです。

同大学同学部で同じような接触を受けていた女性は多いと思いますよ。その教授は妻子もいたのですが。

結局、その教授は今もなお大学で教鞭をとっているらしいので、今回の被害女性のように自分で弁護士を探し会見を行わない限り、闇は闇のままなんでしょう。

地位と権力を持った男性の中には素晴らしい人もいますが、そうでない人もいます。今は無き政党の衆議院議員の中には、女子学生にいかがわしいことをしている人もいますし。

いろいろな経験から?言わせてもらうと、今回のレイプ事件のように非道を行っている年配男性は予想以上にいると思います。

1対1で男性と接触する可能性がある場合、女性は細心の注意を払う必要があると、今回の事件を知って改めて感じました。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。