ぺんぎんメモ

山口敬之の犯罪―大学教授のいかがわしい話

time 2017/05/31

山口敬之という元TBS記者による今回の犯罪。

警視庁や内閣などの人脈を使って犯罪をもみ消す手口には、黒い政治家たちと同じ臭いを感じます。

今回の事件で思い出したのが、都内の某大学に通っていた頃のこと。

ある1人の有名教授(既婚者)は、毎年自分の研究室に入ってくる好みの女子学生に対して、いかがわしい行為を迫っていました。

過去にも警察に被害届を出した女子学生が数人いたようですが、その教授の病気は変わらず、以後も被害女子学生が増え続け、その当時で計十数人に上っていました。

学内でも有名だったようですが私は鈍い・疎いので、事件を知る前にその教授から「研究室に入らないか?」と声をかけられていました。即断ったのですが、事件後にゾッとしたものです。

当時、同大学同学部で同じような接触を受けていた女性は多かったと思います。

結局、その教授は今もなお大学で教鞭をとっているらしいので、今回の被害女性のように弁護士を探して会見を行わない限り、闇は闇のままでしょう。大学側も全力でもみ消しますからね。

地位と権力を持った男性の中には素晴らしい人もいますが、そうでない人もいます。

いろいろな経験から?言わせてもらうと、山口敬之が起こした今回のレイプ事件のような非道を行っている年配男性は想像以上にいると思います。

1対1で男性と接触する可能性がある場合、相手が誰であろうと女性は細心の注意を払う必要があると、今回の事件を知って改めて思いました。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]









アーカイブ