ぺんぎんメモ

sponsored link

人目に付かず自由に暮らす方法

time 2017/09/29

田舎だと車が無ければ、人目につかずに生活するのはけっこう難しいこと。歩いている人・自転車に乗っている人自体が少ないので、少々外出しようものならたちまち目立ってしまいます(笑)

ネット生活が浸透してきたとはいえ、都会に比べて娯楽が少ない田舎だと村落共同体社会の性質により、「近所の誰々が〇〇の格好で何処々々へ行った」、「近所の誰々が〇〇さんと話していた」などの噂はすぐに広まります。

別に親しい人同士の会話ならそれだけで済みますが、噂になっている人が気に食わない人の場合は、あることないこと付け加えたりする人もいますから、田舎に住んでいた十数年の間に「悪意ある暇人は恐ろしい」と思いながら暮らすようになっていきました。

そんな田舎生活で得たマイナス感覚は、1人暮らしで賃貸住宅に住むようになってから徐々に薄まっていきましたが、未来に都内・神奈川以外の土地で暮らす予定の身としては、人目につかない土地の重要性を再び思い出しつつあるのです。

たいして他人の行動に気を留めないようなサッパリとした・人&物の移動も流動的な土地柄であれば、人目につかず自由に生活することは比較的容易だと思います。

でも、そうでない土地柄だと自由に暮らすのが何となく息苦しくなってくる予感があります。もちろん、そうした土地柄によって危険な部外者を除外できるメリットもあると思います。百歩譲って私が不審者である可能性もあるかもしれませんからw

そんなことを考えていると、誰もいない山の中に住めばいいのでは?と言われそうですが、現代生活に慣れ切った人間がおいそれとできるほど簡単な生活ではありません。つまり物理的に人目につかない生活は非現実的。

ゆえに、そこそこ開けた土地で徒歩&自転車で自由に暮らすためには、移住する前に居住周辺地域の環境をしっかり調べることが不可欠!賃貸なので再移住できる気軽さはありますが、それでも数か月ごとに動くことは難しい。住んでみなければ分からないことですが、ネットでの情報収集である程度しぼっていきたいと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。