ぺんぎんメモ

sponsored link

『おべんとうの時間』で感じたお弁当の尊さ

time 2016/10/15

%e3%81%8a%e3%81%b9%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%ae%e6%99%82%e9%96%93

飛行機を利用する際にANAに乗ることが多いのですが、ANAの機内誌に『翼の王国』という雑誌があります。この雑誌内で連載されている「おべんとうの時間」という記事が面白くて、毎回搭乗するたびに楽しみに読んでいます。

ある時、どうしても気になった記事があったためネットで調べると、「おべんとうの時間」が単行本になって販売されていることを知りました。早速、現在までに発売されている3冊をまとめて購入。

他人のお弁当の中身は気になるものですが、何気ない日常のお弁当から、地域性や職業性を感じることができたり、作り手と食べ手の関係性も知れたり、「おべんとうの時間」は読んでいるだけで幸せを感じます♪

この本を読んで、お弁当から垣間見える個人個人の尊い部分や温かい日常の生活過程は、写真や文章として残しておく価値を感じました。

%e9%ab%98%e6%9d%be%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%ef%bc%94

そういえば高松に住んでいた時に、岡山に住む友人がお弁当を作ってくれたことがありました。

安全な食材しか食べない彼女が作るお弁当は安心・安全な食材だけで作られていて、味付けもさることながら本当に美味しいお弁当でした!それ以上に忙しい中、お弁当を作ってきてくれたその思いやりに感激しましたが。

外で仕事をしている時は、ほぼ毎日お弁当を作って持参していましたが、主にウインナーと野菜をおかずとして詰めていました。

時々こうした豆腐ハンバーグに市販ソースを絡めたものも詰めていましたが、今となっては懐かしい思い出です♪ そんな訳で、『おべんとうの時間』を読むたびに、自宅にいてもお弁当を作って食べたくなる日々です。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。