ぺんぎんメモ

『おべんとうの時間』(木楽舎)面白いから何度も読み返す

time 2016/10/15

ANA機内誌の『翼の王国』という雑誌。この雑誌内で連載されている「おべんとうの時間」という記事が面白くて、搭乗するたびに楽しみに読んでいました。

ある時、どうしても気になった記事があったのでネットで調べると、「おべんとうの時間」が単行本になって販売されていることを知りました。早速、現在までに発売されている3冊を購入。

他人のお弁当の中身は気になるものですが、何気ない日常のお弁当から地域性や職業性を感じることができたり、作り手と食べ手の関係性も知れたり。

掲載されている方々の特長もよく表れているせいか、読んでいてとても面白い本です。

おべんとうを取材しに全国各地を訪ねる、阿部さん夫妻(阿部了さん:写真家、阿部直美さん:ライター)の力量にはただただ敬服です。

%e9%ab%98%e6%9d%be%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%ef%bc%94

そういえば高松に住んでいた頃、岡山に住む友人がお弁当を作ってくれたことがありました。

安全な食材しか食べない彼女が作るお弁当は安心・安全な食材だけで作られていて、味付けもさることながら本当に美味しいお弁当でした。

それ以上に忙しい中、お弁当を作ってきてくれたその思いやりに感激しましたし、そういうことはいつまで経っても記憶に残っているものです。

母はよくお弁当を作ってくれましたが、そのせいか私も社会人になってからほぼ毎日お弁当を作っていました。内容は毎日変わり映えしないものでしたが、頻繁にウインナーと野菜を詰めていた覚えがあります。

そんな訳で『おべんとうの時間』を読むたびに、自宅にいてもお弁当を作って食べたくなるものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]




 

sponsored link






アーカイブ