ぺんぎんメモ

sponsored link

徐々に血圧基準値を下げる厚生労働省の不思議

time 2016/08/11

最近の研究で、高血圧よりも低血圧の方が病気にかかりやすいことが分かってきたそうです。

血圧が下がりすぎると脳への血液量が減少し、めまいや立ちくらみなどを起こしやすくなります。また、脳の神経細胞に十分な酸素や栄養分が送れないために、思考・判断能力の低下につながるというのです。

 

低血圧の危険性

2006年にアメリカの研究者グループが35万人を対象に、25年間追跡調査した結果と結び付けています。

血圧と死亡原因の関係性を探るための大規模調査でしたが、転倒・転落事故、自動車事故、自殺などの死亡率と病気以外の死亡率が、血圧が低くなるにつれ増えていったという結果が出ました。

医師達の多くが、血圧が低すぎることでバランス感覚や判断力の低下を招き、こうした結果が生まれたのかもしれないと指摘しています。

高血圧基準値を下げ続ける

にもかかわらず、国内の高血圧の基準値が年々下がっていることを知っていますか。今まで果敢に、高血圧は悪だと叫んできた厚生労働省と医療関係者ですが、今度は高血圧の基準値を下げ始めました。

なぜでしょう。それは、高血圧患者が減って低血圧患者が増えているため、薬を投与する人が減っているからではないでしょうか。

私がそう考えてしまうのは、「減塩は危険、天然塩をしっかり摂取する生活」でも書いたように、高血圧と塩分には因果関係がないにも関わらず減塩を推奨し続けてることや、塩分よりも糖分の方が多くの病気を誘発するにもかかわらず減糖を推奨しない現実があるからです。

異常に高くなければ

なぜ、省庁は国民にとって害になることばかりするのでしょう。

原発事故の際もそれ以降の対応も、国民を守ろうとするより異常なまでの経済優先をして、現状を維持しているように見えます。

そんな姿勢を継続している政府であるがゆえ、健康診断を受けて高血圧であるという指摘があっても、あまりに高すぎる数値でない限り、真剣に受け止めない方が賢明だと思います。

高血圧だからと様々な投薬をされてしまったら、多くの薬の副作用と同様、せっかくの健康な体も病原菌に冒されてしまう危険があるのです。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link