ぺんぎんメモ

sponsored link

うつぶせで寝る人の心理状態

time 2016/12/29

ここ最近、うつぶせで寝ることが多くなったので、その寝相がどういった心理状態を表しているのか調べてみました。

牧村和幸氏(心理研究家)によると、うつぶせになって眠る人は、神経質で傷つきやすく、感情も繊細で、細かいことまで気になる人だそうです。

うつぶせになることで、人間の急所である首、胸、おなか、生殖器を守ることができるため、このような姿勢で眠る人は、本能的に、危険を回避したいという欲求を持っているともいえるそうです。

さらに、本来、安心であるはずの寝室でこのような警戒態勢で眠るということは、警戒心が強く、用心深いことの表れでもあるといいます。

ちなみに、細かい配慮ができる人なので、仕事もできますし、周囲からの受けもいい人だそうです。

しかしながら、その反面、傷つきやすく、他人のちょっとした言動にもショックを受けて落ち込んだりしてしまうため、仕事を選ぶなら、比較的、精神的ストレスの少ない仕事がよく、家庭でのトラブルや悩みも抱え込まず、早めに信頼できる人に相談して早期解決を図る必要があるということでした。

ただ、私の場合、うつ伏せで寝ていない時もあり、そうしたときは仰向けや横向きで寝ています。それゆえ、性格にバラつきがあるのかもしれません。これは皆さんそうでしょうか?

ちなみに以前は、掛布団を巻き込んで寝ていることがほとんどだったのですが、最近はそうした寝相はなくなりました。

寝相は、現在の精神状態を知るヒントになるようなので、参考にすると自分では気付かない面に気付けるかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。