ぺんぎんメモ

sponsored link

認知症の原因として考えられるもの

time 2017/04/22

江戸時代にすでにあったとされる「認知症」。

高齢社会の現代では、多くの人がその病気の発症を恐れています。原因は色々言われていますが、例え認知症の原因が分かっていたとしても、利権が絡んでいるため公表されるのは数十年後でしょう。

 

アルミニウム

現状、認知症になる1番の原因は「アルミニウム」だと思っています。

「アルミ製品は使わない」アルツハイマー型認知症など脳障害の危険性」や「「水道水は飲まない」認知症を発症する危険性」でも紹介しましたが、高年齢まで生きる人が増えている現代では、長く生きれば生きるほど必然的に体内に蓄積するアルミニウムの量が多くなり、アルミニウムが一定の量に達すると認知症を発症させてしまうのではないか、と思っています。

もちろん、ストレスが原因の場合もあると思いますが主原因ではないと思います。アルミ製品はいまだ社会で生産され続けていますし(アルミ箔、アルミ缶、アルミ製のキッチン用品など)、清涼飲料水に使われている水道水にも大量に含まれていることでしょう。

また、農薬を大量に散布して出来た農産物にも含まれているはずですし、そうなると井戸水にも危険があると思います。

 

フッ素

もう1つ、認知症の原因になると思うものが「フッ素」です。

「シャボン玉せっけんハミガキ」フッ素の入っていない歯磨き粉を使う」でも紹介したのですが、フッ素は数多くある化学物質のなかで最も危険であるとも言われており、世界各国でその有害性が指摘されています。

また、フッ素には強い酸化作用があり、がん化を促進すると言われています。

さらに、脳神経障害を引き起こすとされていて、脳の松果体(脳に存在する小さな内分泌器)の石灰化や、神経の発達に悪影響を起こし子供のIQ低下、妊娠中であれば母体の胎盤を通過し、胎児の脳神経系の発達に深刻なダメージを与える危険性があるといわれています。アルツハイマーへの影響も指摘されています。

 

利権を握る組織

フッ素は、もともと家畜をおとなしくするために飲ませる場合があったそうですが、人体に初めて使用したのはナチス・ドイツとされていて、強制収容所の囚人をおとなしくさせるために水道水にフッ素添加を行っていたそうです。怖すぎですね…。

歯医者さんの中には、フッ素は有害ではなく虫歯予防に効果的があるという方もいるようですが、フッ素と虫歯に相関性はなく、現にアメリカではフッ素を添加した水道水が使われていますが、虫歯の発症が低いわけではありません。

利権を握っている組織は利権を守るためなら何でもしますから、原因となっているモノでも何とか危険性を隠して販売し続けるでしょう。そんな隠蔽工作には負けず、危険なものはスマートに避ける生活を続けていきたものです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。