ぺんぎんメモ

チャイナプロジェクトで分かったガンの原因

time 2018/08/14

最近読んだ本で、「やっぱりそうなんだ」と思ったことがあったのでご紹介します。

それは「葬られた『第二のマクガバン報告』上『動物タンパク神話』の崩壊とチャイナ・プロジェクト」という本にある、動物タンパク質(動物性食品)の摂取がガンを発症させるという内容。

動物タンパク質とは、肉、魚、卵、牛乳などに含まれ、戦後日本がアメリカから支給され栄養があると刷り込まれてきた栄養素です。

私自身、食べ物の好き嫌いは推奨するスタンスで元々肉嫌いなので、この本を読んでも「あ、やっぱりそうなんだ」程度にしか思いませんでしたが、一般的には牛乳や卵は栄養があると思われていますし、肉もある程度は摂取するべきだと思っている人が多いと思います。

実際、義務教育時代に「肉も食べたほうがいいよ、好き嫌いは良くないよ」と多くの人に指摘されましたから、大半の人は動物タンパク質は摂取すべきものと考えているのでしょう。このブログを読んで下さっている方なら、動物性食品が体に良くないのは常識、くらいに思われているかもしれませんが。

そんな内容の本なのですが、その本には他に、植物性タンパク質(植物性食品)の摂取はガンを発症させないとも書かれていました。

つまり、豆類などの植物性食品の摂取は動物性食品の摂取よりもガン発症率が格段に低いというのです。もちろん、植物性食品を摂取してガンを発症しなくても、他の病気を発症する可能性もありますが。それでも、ガン発症を抑えられるのは重要。

特に、近年では世界的に乳ガン発症率が高くなっていて、日本もアメリカほどではないにしても、年々増加傾向にあるそうです。それは、動物性食品の摂取量が高くなっていることと無関係ではないでしょう。

アメリカナイズされたオシャレな食事に出てくる食材には動物性食品が多かったりしますが、そうした食事を摂取し続けるのは身体を危険にさらしているといえるのかもしれません。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]









アーカイブ