ぺんぎんメモ

sponsored link

さつまいも・かぼちゃは砂糖代わりになる

time 2017/02/23

砂糖が庶民に身近でなかった時代、料理に甘みを付ける際にさつまいもやかぼちゃを使っていたといわれています。自然が持つ優しい甘みで満足できた時代があったのです。

ちなみに砂糖を摂取しなくても、さつまいもやかぼちゃ、その他多くの食品から糖分を摂取することが出来ます。例えば人参、芋類、穀物、果物などです。

こうしたものを摂取していればわざわざ砂糖を摂取する必要はなく、砂糖を摂取する必要がなければ病気になる確率も格段に下がります。

近年徐々に砂糖の害悪が叫ばれるようになり、体にとって砂糖がいかに悪影響を及ぼす存在であるかが分かってきました。私自身も精製された砂糖を大量に摂取し、体の不調となった時期を長らく経験しましたが、今考えると体内の血が汚れ体のバランスが崩れていた時期でした。

とはいえ、砂糖は身体に悪いと分かっていても依存性の高い食品であるために、1度摂取してしまうと繰り返し身体が欲してしまう食品です。

それゆえ子どもの頃から砂糖が身近な存在であった人の多くは、お菓子だけでなく多くの料理にも含まれていることから、成人して以降もなかなか食生活から砂糖を排除することができません。

ただ現状の私がそうなのですが、砂糖を避ける生活を続けていると徐々に砂糖を摂取しなくてもいられる体に変化していきます。というか体が砂糖を受け付けなくなっていきます。そうやって体に本来の力を取り戻していくことは、生活の様々な局面で自分や家族の身を助ける判断に繋がると思います。

とはいえ「絶対砂糖は使わない!」と決めてしまうとしんどくなってしまうので、てんさい糖という精製されていない砂糖は使い続けています。と同時に、最近ではみりんを使い砂糖の摂取量を極力抑えるようにもしています。

自分が出来る形でバランスを取りながら生活していくことが大切だと思う今日この頃です。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link